読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカル『刀剣乱舞』の待望の新作公演となる

ミュージカル『刀剣乱舞』の待望の新作公演となる『~幕末天狼傅~』が、2016年9月24日(土)に開幕した。初日公演前には、新たな編成での出陣を目前に控えた刀剣男士たちを演じる佐藤流司、鳥越裕貴、有澤樟太郎、小越勇輝、高橋健介伊万里有と、演出を務める茅野イサムが囲み会見に登壇し、公演への意気込みを語った。

本作では、新撰組にゆかりのある刀剣男士たちが、激動の幕末に降り立ち、歴史修正主義者との戦いに挑む姿を描いている。これまでの公演同様、2部形式で第1部ではミュージカル、第2部では刀剣男士たちが舞い踊るライブパフォーマンスという構成になっている。
ミュージカル『刀剣乱舞』公開ゲネプロ_3http://www.jaih-s.net/modules/d3forum/index.php?post_id=804
http://www.nagata-center.net/modules/d3forum/index.php?post_id=2141

演出の茅野は、今回の公演について「新撰組の持っていたとされる刀が中心となり、物語が展開していきます。動乱の時代を短く太く駆け抜け、悲劇的な最後を迎える新撰組ですが、彼らの持ち刀がかつての主(あるじ)の傍に行き苦悩する姿が描かれます。僕は、稽古中5回くらい泣きそうになりました(笑)。作っている僕が泣けるので、きっとそれはお客様にも伝わると思います」と説明し、「前作は派手な大作でしたが、今回は心理描写を増やし、彼らの心に迫っていく作りになっているので、全く違う作品として楽しんでいただけるのでは」と自信を覗かせた。
ミュージカル『刀剣乱舞』公開ゲネプロ_2
今回登場する刀剣男士は6名。沖田総司の使用したとされる加州清光を佐藤が、同じく大和守安定を鳥越が演じるほか、土方歳三が愛用したとされる和泉守兼定を有澤、脇差・堀川国広を小越、江戸時代に活躍した刀工・虎徹作の蜂須賀虎徹を高橋、虎徹の贋作、そして近藤勇が持っていたと言われる長曽祢虎徹を伊万里が演じる。…

http://www.ta-ta.net/modules/bbs/index.php?post_id=14895
http://www.yugawa.net/modules/d3forum/index.php?post_id=171